Dr. Ken-ichi Honma Dr.Carl Johnson (Prize Winner in 2014) Dr. Takao Kondo(Chairperson of Selection Committee)

Dr.Carl Johnson

Dr.Carl Johnson

Prize Winner in 2014

アショフ・ホンマ生物リズム賞

 

2014年のアショフ・ホンマ生物リズム賞は、米国バンダービルト大学生物科学教授、カール・ジョンソン博士に贈られました。ジョンソン博士は1954年2月18日生まれ60歳。

ジョンソン博士は、スタンフォード大学においてコリン・ピッテンドリー教授の指導で学位を取得し、その後ハーバード大学で博士研究員としてウッランド・ヘイステイングス教授に師事ました。博士は細菌からヒトまで幅広く生物時計を研究し、多くの業績をあげられました。特に、シアノバクテリアを用いた卓越したアイディアと実験により、生物の適応と進化における生物時計の重要性を証明しました。また、生物時計の分子細胞学的研究には欠かせない生物発光を利用したレポーターシステムの開発に大きな貢献をされました。ジョンソン博士は教育にも熱心で、後輩の指導に情熱を注いでいます。

 

 

  

 

 

 

Aschoff and Honma Prize for Biological Rhythm Research in 2014 was given to Dr. Carl Johnson in USA, a Professor of Biological Science in Vanderbilt University. Dr. Johnson was born in February 18 in 1954. He received his Ph.D thesis at Stanford University under supervision of Professor Colin Pittendrigh, and extended his scientific carrier as a post-doctor fellow in Harvard University under supervision of Professor Woodland Hastings. He has worked on a variety organisms in a circadian context from cyanobacteria to humans. Noteworthy is his finding on the importance of circadian resonance in cyanobacteria for fitness and natural selection. He also contributed to development of novel experimental tools such as bioluminescence reports which are now a day indispensable for molecular and cellular researches in circadian clock. He has a man of enthusiasm paying substantial energy for education of his successors.