時間生物学に関するアジアフォーラム2017 

―ご案内と学生・若手研究者への旅費の援助―(2017年4月12日)

  

時間生物学に関するアジアフォーラム2017

Asian Forum on Chronobiology in 2017

in association with

2nd Biennial Conference of Chinese Society of Biological Rhythms

 

June 25-27、 2017

Hohhot Pinnacle Hotel

Hohhot, Inner Mongolia, China

 

―ご案内と学生・若手研究者への旅費の援助―

Financial Supports for Students and Young Scientists

by Aschoff and Honma Memorial Foundation

時間生物学に関するアジアフォーラム2017が中国内モンゴル自治区フフホト市で

6月25日から27日の両日にわたって開催されます。

アジアフォーラムは第一回を札幌市で2015年に開催し、今回が2回目になり

中国生物リズム学会との合同大会です。

アショフ・ホンマ記念財団は共催団体として、フォーラムを支援しています。

財団はフォーラムに参加する学生・若手研究者に旅費の一部を補助します。

是非ご応募下さい。

 

応募資格と規定

1.現在、大学院(修士課程、博士課程)の学生か、30歳以下の研究者

2.学生は指導教員の証明書、研究者は研究機関(上司)の証明書を添付してください。

3.ホームページにある専用の応募用紙に必要事項を記入の上ご応募ください。

  なお、助成を受けた者は、フォーラム終了後、報告書(800字程度)を提出してください。

4.助成額:5万円

5.応募期限:6月15日(発表:6月22日)

6.応募先:アショフ・ホンマ記念財団事務部 

7.中国学会への連絡先

 会長:Prof. Ying Xu 

         Director of CAM-SU GRC, Soochow University

 中国ビザ